まとめてカタログのデータ形式について(XML)

Catalog button
「まとめてカタログ」では各製品について、以下の情報を登録しています。

  1. 製品名
  2. カタログ番号
  3. 価格
  4. 容量(包装単位)
  5. URL
  6. 概要解説
  7. 製品属性(例えば抗体の交差性とか宿主、蛍光色素等):複数可能
  8. 使用説明書等へのリンク:複数可能

このデータはすべてXML形式のデータとして管理し、「まとめてカタログ」のデータベースにアップロードしています。

通常は我々が開発したウェブロボットがメーカーのウェブサイトを巡回し、各製品のデータを収集し、このXML形式のファイルを作成しています。ただしこのファイルを手作業で作成したり、あるいはメーカーが製品データベースを持っている場合はそこから直接作成することも可能です。

そこで今回はこのXML形式について、解説します。

なぜXML形式か

各メーカーが製品情報管理のために最も良く使用しているのはエクセル形式のファイルです。しかしエクセル形式には非常に大きな限界があります。それは複雑なデータ構造を柔軟に扱えないということです。

例としてあるメーカーが制限酵素に加えて、抗体を扱っているとしましょう。その製品情報を管理するためのファイルを考えてみます。

制限酵素ならば以下の図のようにカタログ番号、製品名等の他、切断部位やバッファー、反応温度を管理する必要があるでしょう。
Restriction enzyme

一方で抗体ならば、以下の図のようにアイソタイプや反応性、アプリケーションを管理しなければなりません。
Antibody

ご覧のように制限酵素と抗体では製品の性質が大きく異なり、製品を紹介するのに必要な属性が全く違います。一つのエクセルシードでこれらの製品を管理することは困難です。

このようにエクセル形式では多様な製品を同じフォーマットで扱うことは困難です。したがってそれぞれの製品タイプに固有のエクセルファイルを用意するか、もしくは製品の性質に関する情報は掲載せずに、カタログ番号、製品名、価格等にとどめるかを選択します。

それに対して、多様な製品に柔軟に対応できるのがXML形式です。

XML形式を実際に書いてみる

XML形式ファイルの例を以下に示します。一見すると複雑で取っ付きにくいものですが、実際にはただのテキストファイルで、Microsoft Excelなどの専用のソフトウェアすら必要ありません。 Macであれば「テキストエディット」、Windowsであれば「メモ帳」などのテキストエディタがあれば十分に作成したり編集したりできます。




  
    34767
    3800
    500 U (10 U/μl)
    Bgl II
    http://www.roche-biochem.jp/catalog/index.php/product_3.6.1.1.4.1/category_33708.html
    Thu Sep 22 15:00:00 +0900 2011
    A|GATCT
    M
    37℃
    製品説明書
  
  
    554386
    32000
    0.1 mg
    IL-4 antibody
    http://www4.bdj.co.jp/ptProduct.jsp?prodId=115470&catyId=744937&page=product
    Thu Sep 22 15:00:00 +0900 2011
    BVD4-1D11
    Purified
    IgG2b
    Mouse
    IC/FCM Block; Western Blot; ELISA Cap.
    TDS
  

ご覧のようにエクセルに比べると非常にくどい感じの形式ですが、様々な製品の情報を自由に一つのファイルで管理できるのがXMLの大きな特徴です。

まとめてカタログに製品登録を依頼する

このXMLファイル形式で製品情報を提供していただければ弊社の作業は大幅に軽減されますので、製品が特に多い場合を除き、無償で対応することが可能になります。その際の作業の流れは以下のようになります。

  1. XMLファイル形式で製品データを用意し、弊社に送信していただきます。
  2. 弊社で確認作業を行い、必要に応じて修正いたします。
  3. 製品をカテゴリー分けします。
  4. カテゴリー分けされた製品情報を、「まとめてカタログ」にアップロードします。
  5. 後日、内容の変更の必要になった場合は、XMLファイルを変更していただき、再度弊社に送信していただきます。

「まとめてカタログ」に製品を掲載し、多くの研究者に幅広く製品を紹介したいとお考えの方は、ぜひこのXML形式による弊社への情報提供をご検討ください。

Tags: ,

Leave a Reply