BD PharmingenやTransduction Labsの抗体の価格、その他の研究用製品の値段の調べ方

ウェブサイトのログなどを解析していたところ、Googleで「BD 価格」や「BD 値段」と書いた人がバイオの買物.comに流れ着いていることがわかりました。

世間一般にはBDと言えば「ブルーレイディスク」のことを指すそうで、「BD 価格」や「BD 値段」で検索を行ってもBD Bioscienceの製品の価格情報はなかなか見つかりません。

そもそもBD Bioscienceの研究用製品の価格はつい最近までウェブに載っていませんでした。それどころかBDは日本語のオンラインカタログがありませんでした。わざわざGoogleに「BD 価格」や「BD 値段」を書き込んで、バイオの買物.comに来てしまう人がいたというのはそういう背景があります。

しかし実は2010年にBDは日本語のオンラインカタログができたのです。非常に見つけにくいところにありますので、このブログ記事で紹介します。

まずはBD Japanウェブサイトの「製品情報」ページに行きます。そして下記の画像で示す、「バイオサイエンス製品カタログ」のリンクを押します。

BD website

そうすると、検索機能もかなり充実した、できばえの良いオンラインカタログが出てきます。検索結果に対してはファセットナビゲーションもついていて、絞り込みが簡単です。価格も載っています。

BD catalog

「製品情報」ページで上述のリンクより下の「BD FACS フローサイトメーター」や「試薬・抗体」のリンクをクリックしたいところですが、そこはぐっとこらえてください。そこに行ってしまうと、「バイオサイエンス製品カタログ」はますます見つかりにくくなってしまいます。

このようにオンラインカタログがサイト全体と全く統合されてなくて、とてもわかりにくい状態になってしまっています。でもこれはBDだけではなく、よく見られるパターンです。例えばいまのロシュのウェブサイトもそうなってしまっています。

なんとかして欲しいところではありますが、この苦労を良く知っているだけに私もなかなか強く言えませんね、こればかりは。

Tags:

Leave a Reply