Archive for the ‘バイオ業界について思うこと’ Category

iBooks Authorを製品プロトコルに使うことについて追記

Monday, January 23rd, 2012

先日書いたブログ「iBooks Authorをバイオのメーカーはどう活用できるか」について、製品プロトコルの部分を補足します。箇条書きで簡潔に。

  1. 製品を買ってくれた研究者は、ほぼ全員が製品プロトコルを読みます。製品を紹介する魅力的なウェブサイトをいくら作っても、プロトコルの方が読まれます。プロトコルは決定的に重要です。
  2. 紙媒体のプロトコルははっきり言ってわかりにくいです。特に操作のイメージをつかむのに苦労します。書き方が悪いのではありません。紙媒体の限界です。マルチメディアで解決できる課題です。ちなみに簡単な操作の流れ図みたいなものをつけているメーカーもありますが、ああいうのは全体のイメージをつかむのに役立ちます。でもマルチメディアを使えばもっとうまく伝わります。
  3. いままではプロトコルは紙媒体もしくはPDF。マルチメディア的なものはウェブサイトからダウンロードというのが常識でした。でも面倒だし、気づかない研究者もたくさんいます。そんなことより、マルチメディア的なものもすべてプロトコルに入れてしまうのが良いに決まっています。

考えれば考えるほど、やらない理由がないように思います。

唯一の障害は日本のアップルがiBookstoreを動かせていないこと。でもだからこそ、最初にやれば目立ちます。
(iBookstoreの問題を迂回するやり方はいくつかありそうです)

iBooks Authorをバイオのメーカーはどう活用できるか

Saturday, January 21st, 2012

NewImage2012年1月18日にApple社はiBooks Authorというアプリケーションの無償配布を開始しました。

このアプリの詳細はアップル社のウェブサイトで確認できます。一言で言うと「マルチメディアを駆使したiPad用の電子書籍が簡単に作れるワードプロセッサ」です。

例えばPromega社が作っている“Promega App”、Life Technologies社が作っている“Life Technologies Protocols App”, “3D Cell Simulation and Stain Tool”といったアプリが簡単に作れるようになります。

今まではマルチメディアを駆使したインタラクティブなiPadアプリを作ろうと思うと、アプリの開発をソフトハウスに委託しなければなりませんでした。しかしiBooks Authorを使えばほとんどのことがワープロ感覚でできるようになります。外部に委託することなく、社内で作れるようになります。

製品プロトコルをiBooks Authorで作る

例えばインタラクティブな製品のプロトコルが簡単に作れるようになります。解像度の高いカラー写真を掲載したり、操作方法のビデオを掲載できるようになります。操作の各ステップをわかりやすく示した図表も掲載できます。

紙のプロトコルの場合でもメーカーによってわかりやすさに大きな違いがありましたが、製品を選択する際の大きな差別化ポイントになることはありませんでした。しかしiBooks Authorで作ったプロトコルなら差別化ポイントになり得るぐらいの大きなインパクトが与えられます。

しかも具体的な仕組みの詳細はまだわかりませんが、プロトコルのアップデートの面倒はすべてApple社が見てくれる可能性が高いです。つまりプロトコルのバージョンを更新すると、全ユーザのプロトコルがほぼ自動的にアップデートされます。プロトコルに誤植が見つかったり、あるいは製品の改良によってプロトコルが変更になっても、それを確実に研究者に伝えることができます。

例えば細胞にDNAを導入するトランスフェクション試薬であれば、実績が重要になります。過去にどのような細胞で成功し、その際の条件がどうであったか、トランスフェクション効率がどうであったかなどです。現状ではこのような情報はウェブサイトで紹介していました。しかしiBooksのアップデート機能を使えば、新しい細胞で成功したという報告があるたびにプロトコルをアップデートし、そしてApple社のサーバ経由で研究者に伝えることができます。

iBooks Authorのおかげで、製品プロトコルが強力なマーケティングツールになる可能性がでてきました。

季刊誌をiBooksで配布する

多くのメーカーは季刊誌を発行しています。例えばRoche Diagnostics社であればBiochemicaニュース、ClontechであればClontechniquesがあります。今まではこれを印刷して、代理店を介して配布するか、直接郵送するかなどをしていました。そしてそのためのコストは毎号200-300万円します(原稿翻訳など抜きで)。

iBooksで作ったものであれば高解像度の写真が掲載できますし、遙かに魅力的な季刊誌を簡単に作ることができます。配布方法はメルマガにiBookstoreへのリンクをつけるなどにすればコストは激減します。その分のコストを魅力的なコンテンツ作成に充てれば、すばらしい季刊誌ができてくるのではないでしょうか。将来的にはNewstandアプリと連携できるようになる可能性もあり、こっちで配布できるようになる場もっとスマートな配信が可能になります。

まとめ

ライフサイエンス研究用製品のメーカーは研究者にとって有用なコンテンツを非常にたくさん持っています。しかし非常に多くは印刷用に作られたPDFであり、それをウェブサイトからPDFでダウンロードできるようにしている程度のことしかされてしませんでした。研究用ツールというのは当然ニッチな市場ですので、多額のコストをかけて魅力的なマルチメディアのコンテンツをたくさん作るということはあり得ませんでした。

しかしiBooks Authorはマルチメディアの制作コストと配布コストを劇的に下げてくれます。マーケティング担当者が自らレイアウトすることだって十分可能です。

その一方でこれだけ魅力的なマルチメディアコンテンツが大きなマーケティング効果を発揮しないはずはありません。

チャンスです。

メーカーならすぐにでもコンテンツ作りを試すべきだと思います。

追記

iBookstoreの日本でのサポートについては以下のサイトをご覧ください。現状ではサポートされていないようですが、近いうちにサポートされることを期待します。サポートされていなくても配布できる方法はあると思いますが、やっぱりiBookstoreで配布できるのが便利。

いつも思うけど、日本のアップルって、サポート業務以外はあんまりちゃんとできていないよね。仕事しているのかな?

iBookstoreから「aのかたち」リリース
iBookstoreでの出版顛末記

バイオの買物comメルマガの効果測定の仕方

Friday, September 30th, 2011

Mail先日、バイオの買物comにユーザ登録していただいた方を対象にメルマガを配信いたしました。

今回はその効果を様々なツールを使って測定する方法について紹介いたします。

先に概略を示します;

  1. タイトル「世界最高の抗体検索システムと紹介ビデオ(1分)」
  2. 送付先はバイオの買物com「まとめてカタログ」にユーザ登録した利用者
  3. 開封率: 29.2%
  4. クリックスルー率: 10.5%
  5. クリックスルーしてくれた顧客の質:それなりによい

このユーザリストに対して初めて配信したメルマガでしたので、レスポンスが良かったのは当然だったかもしれません(通常は最初はレスポンスが良くても、徐々に下がっていきます)。しかしそれを差し引いてもまぁまぁなレスポンスが得られたのではないかと思っています。なお米国の例ですが、業界ごとのレスポンスの統計がこちらにあります。

それはそれとして、Google Analyticsと組み合わせた分析をすることによって、質の高い訪問者がどれだけいたかなどを分析したいと思います。 (more…)

ニュースの書き込み方法をTwitterにした理由

Monday, September 5th, 2011

先日、バイオの買物.comでニュースセミナーキャンペーンに投稿できるようにしました。「こういうセミナーをやっているので来てください」とか「こういうキャンペーンをやっているので、ご検討ください」という案内を、バイオの買物.comの当該ページ、誰もが無料で投稿できます。

投稿方法は非常に簡単ですが、Twitterを使うという点でちょっと変わっています。操作方法は別の書き込みに譲り、ここでは、どうしてTwitterによる投稿の仕組みを採用したかについて紹介いたします。 (more…)

Steve Job’s の戦略の真逆を行くバイオ関連メーカーの戦略

Friday, February 11th, 2011

NewImage左図の”The Innovation Secrets of Steve Jobs”を表したCarmie Gallo氏がFast Companyウェブサイトに記事(Steve Jobs’s Strategy? “Get Rid of the Crappy Stuff”)を書いていました。バイオ関連メーカーの正反対を行っているApple社の戦略が紹介されていますので、バイオ業界と絡めて論じてみたいと思います。

フォーカスするというのは、数多くの良いアイデアにノーということだ

Steve Jobsの2008年の言葉

People think focus means saying yes to the thing you’ve got to focus on. But that’s not what it means at all. It means saying no to the hundred other good ideas that there are. You have to pick carefully. I’m actually as proud of many of the things we haven’t done as the things we have done.

Carmie Gallo氏は、これだけフォーカスをするためには相当に勇気が必要で、多くの企業はこれが出来ないとしています。

Anyone can learn the principles that drive Apple’s innovation, but innovation takes courage, and few people have it. It takes courage to reduce the number of products a company offers from 350 to 10, as Jobs did in 1998.
…..
It takes courage to feature just one product on the home page of a Web site.

フォーカスすると決めたもの意外を捨てるということは、数多くの商売のチャンスを見過ごすということです。商売のチャンスが減る分、売上げが減る可能性があります。失敗したときのリスクが高くなります。

何よりもビジネススクールで学ぶことと逆行しています。しっかりとフォーカスするというのは学校で習ったことと真逆の戦略です。

Tim Cook (注:Steve Jobs不在時にCEOを代行している役員) once commented that a traditional management philosophy taught in business schools is to reduce risk by diversifying your product offerings. Apple, he said, represents the anti–business school philosophy. Apple’s approach is to put its resources behind a few products and commit to making those products exceptionally well.

フォーカスするというのは、多くの販売チャンスを見過ごして売上げ減少のリスクを冒すこと、失敗したときのリスクを敢えて大きくしてしまうこと、そしてビジネススクールで学んだことの逆をすることです。

勇気がいるのもうなずけます。ほとんどの会社がApple社みたいには出来ないのも納得です。

バイオ業界ではどうなっているか

さて、これを押さえた上でバイオの業界をちょっと見てみたいと思います。
(more…)

他のウェブサイトからコンテンツをコピーすることの是非

Wednesday, February 9th, 2011

Bing googleバイオの買物.comではメーカーや研究機関のウェブサイトからコンテンツを部分的にコピーしています。その点はGoogleと良く似ています。

最近、MicrosoftのBingがGoogleの検索結果をコピーしているとしてGoogleが文句を言い出しています。

Google: Bing Is Cheating, Copying Our Search Results

それに対してSEOを専門としているMikkel deMib Svendsen氏はブログでどっちもどっちだと論じています。

Grow up Google!

Googles core business is basically to copy content from our websites and exploit it commercially. In Search Engine Land today Google cry like little girls because they claim Bing is copying their search results. Grow up Google! If it’s ethical for you to copy information why is it unethical for others to do the same?

私はMikkel deMib Svendsen氏の意見こそが正論だと思っています。バイオの買物.comについても、メーカー等のウェブサイトから内容をコピーしている以上、我々の内容もオープンであって当然で、他に利用したい人がいればそれは自由にやれるようにしたいと思っています。

以下、内容のコピーに関するバイオの買物.comの考えを紹介します。 (more…)

雑感:Facebookをバイオ関連メーカーが活用するために

Tuesday, February 8th, 2011

NewImageFacebookが日本でもブレイクしそうな勢いで、私の周りでも中学校や高校の友人が徐々に参加してきて、懐かしいつながりを楽しんでいます。大学生でも大部分は携帯電話を持っていなかった世代としては、昔の友人とこうしてつながれるのはとてもありがたいことです。

Facebookは企業が使いやすいように工夫されていて、製品をPRするために参加している企業も増えてきています。バイオ関連メーカーのFacebook活用については以前にもこのブログで取り上げています。

でも自分でFacebookを使っている感覚からすると、どうしても釈然と来ないところがありました。何かというと、バイオ関連メーカーはB to B (Business to Business: 企業間取引)の部類に入るのですが、果たしてFacebookはB to Bに有効だろうかという疑問です。

この疑問について僕と同じことを考え、そしてB to BビジネスがFacebookを活用する方法と限界について解説しているブログ(The One Effective Use of Facebook for B2B Marketing)がありましたので、自分の考えと合わせて紹介します。 (more…)

熊から逃げる方法:顧客対応にも生きる?

Monday, February 7th, 2011

熊から逃げる方法のビデオがあったので紹介します。

クレーム対応の参考になると思うのですが….

バイオ試薬メーカーが作るチラシの数

Sunday, February 6th, 2011

先週の金曜日、私のTwitterタイムラインに以下のTweetが入ってきました。

Nk tweet s

もっともな意見です。私がメーカーに勤務していた頃も、代理店に送っているチラシやパンフレットの多くが余ってしまい、代理店事務所で山積みにされ、そして捨てられているのは知っていました。

メーカーも予算は厳しいので、必要以上に多くのチラシを作りたくはありません。一つのチラシを作って配布するだけで数十万円はかかりますから(デザイン抜きで)。それでも過剰に印刷して代理店に送付しているにはちゃんと訳があります。

(more…)

2010年振り返りと2011年目標

Tuesday, January 4th, 2011

バイオの買物.comおよびライフサイエンス研究用製品業界全体のインターネット活用について振り返り、バイオの買物.comの2011年の目標について紹介します。
なお、ふりかえりうさぎの画像はSAYAKAさんのブログからとりました。

参考に2009年の振り返りも一年前に書きました。

NewImage.jpg

まとめてカタログ

バイオの買物.comの2010年で一番大きかったのは、なんと言ってもまとめてカタログを公開できたことです。2009年の振り返りでも書きましたが、これが真のバイオの買物.comの形です。

公開してみて感じたことは以下の通りです;
(more…)