Posts Tagged ‘抗体検索’

新まとめて抗体検索のビデオを作りました

Tuesday, September 13th, 2011

バイオの買物.comまとめて抗体検索を簡単に紹介したビデオを作成しました。

約1分と短いので、気軽にご覧ください。

まとめて抗体検索は既存の抗体検索システムをゼロから考え直して、目的の抗体を素早く検索し、そしてすぐに入手できるように最適化したシステムです。ビデオではフローサイトメトリー用抗IL-4抗体を探す例を示しながら、その使いやすさを紹介しています。

ポイントは 「速い」「悩まない」 です。

  1. 検索キーワードとして“IL-4”を入力します。
  2. サジェスト機能により”IL”と入力しただけで抗原の候補がリストアップされます。この機能により類義語で悩む必要がなくなります。
  3. 検索は瞬間的に結果を返してきます。
  4. “IL-4″でヒットする抗体の全アプリケーションが表示されます。その中から”Flow Cytometery”を選択すると、これで絞り込んだ検索結果が瞬間的に表示されます。
  5. 同様に”IL-4″ AND “Flow Cytometery”でヒットする抗体の全交差種が表示されます。この中から”Mouse”を選択し、絞り込みます。
  6. 同様に”IL-4″ AND “Flow Cytometrey” AND “Mouseと交差”でヒットする全蛍光色素が、蛍光波長ごとに整理され、色付けされてリストアップされます。それぞれの色素をクリックして絞り込むと、該当する抗体がリストされます。
  7. 抗体名をクリックすると、メーカーウェブサイトの製品ページに移動します。そこから製品データシートなどの情報を確認することができます。

実際のウェブサイトでその使いやすさをぜひ実感してください。

バイオの買物.com まとめて抗体検索

抗体検索の絞り込み条件は「選択式」が正しい

Monday, August 8th, 2011

10090355

この記事を含め、ライフサイエンス研究用製品メーカーのウェブサイトのあるべき姿について書いた記事を特集ページにまとめました。あわせてご覧ください。

「抗体検索とファセットナビゲーション(抗体検索の絞り込み)」の記事で、優れた絞り込み検索のユーザインタフェースについて議論しました。そして米国などの本社ウェブサイトではこの優れたシステムが導入されてきていることも紹介しました。

その一方で、日本の輸入商社やBiocompareなどのメーカー横断的比較サイトではファセットナビゲーションの導入が遅れていることも話しました。ただフナコシ、Biocompareなどは、ちょっと時代遅れですがしっかりしたものであるとも述べました。

今回はちょっと極端な例として、抗体の絞り込み検索の非常に良くない例を紹介します。コスモバイオのウェブサイトの例です。大手の輸入商社で豊富な抗体のラインアップをそろえているにもかかわらず、その中から製品を探すウェブサイトのできが残念な状態にあります。 (more…)

抗体検索とファセットナビゲーション(抗体検索の絞り込み)

Friday, August 5th, 2011

この記事を含め、ライフサイエンス研究用製品メーカーのウェブサイトのあるべき姿について書いた記事を特集ページにまとめました。あわせてご覧ください。

聞き慣れない言葉ですが、ファセットナビゲーションというコンセプトがあります。ファセット(Facet)は結晶体・宝石の小面などを意味する言葉で、物事の側面を表すときにも使うようです。

ファセットナビゲーションとは、入力された検索キーワードに合わせてコンピュータ側が様々な絞り込み条件を提案する仕組みです。ユーザが自分自身で考えたり検索条件を試行錯誤したりする負担を減らすために、コンピュータが予め情報を用意しておくものです。

ファセットナビゲーションというのは抗体の検索にはぴったりマッチするのですが、この仕組みを導入しているウェブサイトはまだまだ少ないです。比較的最近に大幅リニューアルしたものから、徐々に使われるようになってきているようです。

今回はファセットナビゲーションがどのようなものか、抗体検索においてどのような問題を解決してくれるか、そして新「まとめて抗体検索」のファセットナビゲーションがどのように優れているかを解説します。 (more…)

抗体検索サイトのリストと評価

Wednesday, August 3rd, 2011

加々美直史の個人ブログに「抗体検索サイトのリストと評価」という記事を書きました。

抗体を検索したいときに使える海外や国内のサイトをリストアップし、それぞれの使い勝手を評価してみたものです。正直、あんまり良い評価は与えることはできませんでした。

このリストはバイオの買物.comが2011/8/1より公開している新「まとめて抗体検索」を作るにあたって、現状を評価するために頭に入れていたものです。

このブログでも書いていますが、まぁまぁそれなりの抗体検索ウェブサイトが使っている検索インタフェースはどれも良く似ていて、Biocompareのものと同じです(別にBiocompareが元祖かどうかは知りませんが)。しかし、新「まとめて抗体検索」を作るにあたっては、すべてをいったんゼロから考え直しました。

Biocompareなどの検索インタフェースに似せるのではなく、どうすれば研究者がより少ない手順で、より少ない精神的負担で、より確実に目的の製品にたどり着けるか。そのためにデータはどのように整理され、また情報はどのタイミングでどのように研究者に提示されなければならないかを徹底的に考えました。

結果として出来上がった新「まとめて抗体検索」には現時点ではかなり満足していますが、できれば皆さんの感想も聞かせてください。Twitterの @naofumi@BioKaimono に連絡をくれるとありがたいです。

キーワードが思い出せなくなる検索システムをLincoln Steinはどう思うか

Monday, August 1st, 2011

バイオメーカーのウェブサイトの中には、検索結果を表示するときに、最初に入れた検索キーワードが消えてしまうものがあります。

代表的な例としてコスモバイオのウェブサイトを紹介します。
http://www.cosmobio.co.jpに検索キーワードを入れます。

Cosmobio

検索のボタンを押すと以下のように結果が表示されます。

Cosmo result

ご覧のように、検索キーワードとして入力した”CD34″が検索条件のボックスにありません。それどころか、検索条件ボックスには何も情報がありません。

「絞り込み検索項目」というのがありますが、全くのまっさらな状態なので、何がどのように絞り込み検索されるのか、全く知る方法がありません。

Lincoln Steinという人がいます。彼はBioinformaticsのプログラマーですが、1990年代のWebの黎明期を支えたと行っても過言ではない、あのPerl CGI.pmの作者でもあります。彼は著書の”Official Guide to Programming with CGI.pm: The Standard for Building Web Scripts”でこう書いています。

More seriously, however, the fill-out forms I created in HTML were dead. The text fields were blank, the checkboxes turned off, and the radio buttons were set to their defaults. The user interface was inconvenient as well.

I wanted the interaction to be more conversational, so the user could fill out the form, press the submit button, and the results would appear on the same page. If the user wanted to try again, the form would be right there.

バイオでも大活躍している大先輩が15年以上前に解決していたウェブデザインの基本的な課題を、コスモバイオのウェブサイトは無視してしまっているのです。

しかもこの過ちを犯しているのはコスモバイオだけではありません。他にもそうなってしまっているウェブサイトがバイオメーカーの中にあるのです。 (more…)

バイオのメーカーサイトの検索(抗体検索)を斬る

Sunday, July 31st, 2011

Antibody page background
本日8月1日にバイオの買物.comの新「まとめて抗体検索」を公開しました。

バイオの買物.comは2008年前半に最初のウェブサイトを公開しましたが、ようやくどのサービスもそれなりに自慢できるレベルに達したと思っています。

これを区切りに、より鋭い視点でバイオの各メーカーのウェブサイトを評論していきたいと思います。各社のウェブサイトの良い点、悪い点、そして単純に手抜きとしか思えない点を取り上げて、どのように改良していけば良いかをこのブログに何回かにわたって書き留めたいと思っています。

安っぽい評論家は自分では具体的な改善策を講じること無く、単に他人の問題点だけ根掘り葉掘り突っ込んでいきます。しかし私はそれはとても嫌なので、具体的な改善提案をし、そしてそれを実施した例としてバイオの買物.comのウェブサイトを紹介する形をとっていきたいと思っています。

なお、加々美直史のブログで今までに取り上げた批評を以下に書いておきます。今後はより掘り下げて、より建設的な意見が多いものをこっちの方のブログ(バイオの買物.comブログ)に書いていきますので、よろしくお願いします。

  1. バイオの製品比較サイト Biocompare : ずいぶん昔に書いたものですが、Biocompareに対する考えは今も変わりません。バイオの買物.comは最初は価格.comの仕組みをまねたものを作りましたが、現在はこれとは異なるまとめてカタログにしています。そのときに考えたことは、別の機会に紹介したいと思います。
  2. 抗体検索サイト : こうもずいぶんと昔に書いた記事ですので、事実関係が若干ずれているところがあります。ただ大筋では変わっていないと思っています。
  3. 収益モデルがウェブサイトの使い勝手を決める例:バイオ百科 : これも昔に書いたものですが、現状もほぼ同じだと理解しています。ビデオもバイオ百科で抗体検索:僕が使いにくいと感じるところで紹介しています。
  4. ASPサイト内検索の限界:GE Healthcareのサイト内検索が改善された件 : 比較的新しい記事で現状はこの頃と変わっていません。Googleを含めたそこいらの会社が提供している単純な検索だけでは、ライフサイエンス研究者に必要な情報を的確に示せないよ、という議論です。バイオの買物.comが「まとめてカタログ」といい「まとめて抗体検索」といい。手の込んだことをやっているのはこのためです(検索だけだとバイオ百科になる)。