Posts Tagged ‘Apple’

Steve Job’s の戦略の真逆を行くバイオ関連メーカーの戦略

Friday, February 11th, 2011

NewImage左図の”The Innovation Secrets of Steve Jobs”を表したCarmie Gallo氏がFast Companyウェブサイトに記事(Steve Jobs’s Strategy? “Get Rid of the Crappy Stuff”)を書いていました。バイオ関連メーカーの正反対を行っているApple社の戦略が紹介されていますので、バイオ業界と絡めて論じてみたいと思います。

フォーカスするというのは、数多くの良いアイデアにノーということだ

Steve Jobsの2008年の言葉

People think focus means saying yes to the thing you’ve got to focus on. But that’s not what it means at all. It means saying no to the hundred other good ideas that there are. You have to pick carefully. I’m actually as proud of many of the things we haven’t done as the things we have done.

Carmie Gallo氏は、これだけフォーカスをするためには相当に勇気が必要で、多くの企業はこれが出来ないとしています。

Anyone can learn the principles that drive Apple’s innovation, but innovation takes courage, and few people have it. It takes courage to reduce the number of products a company offers from 350 to 10, as Jobs did in 1998.
…..
It takes courage to feature just one product on the home page of a Web site.

フォーカスすると決めたもの意外を捨てるということは、数多くの商売のチャンスを見過ごすということです。商売のチャンスが減る分、売上げが減る可能性があります。失敗したときのリスクが高くなります。

何よりもビジネススクールで学ぶことと逆行しています。しっかりとフォーカスするというのは学校で習ったことと真逆の戦略です。

Tim Cook (注:Steve Jobs不在時にCEOを代行している役員) once commented that a traditional management philosophy taught in business schools is to reduce risk by diversifying your product offerings. Apple, he said, represents the anti–business school philosophy. Apple’s approach is to put its resources behind a few products and commit to making those products exceptionally well.

フォーカスするというのは、多くの販売チャンスを見過ごして売上げ減少のリスクを冒すこと、失敗したときのリスクを敢えて大きくしてしまうこと、そしてビジネススクールで学んだことの逆をすることです。

勇気がいるのもうなずけます。ほとんどの会社がApple社みたいには出来ないのも納得です。

バイオ業界ではどうなっているか

さて、これを押さえた上でバイオの業界をちょっと見てみたいと思います。
(more…)