Posts Tagged ‘Marketing’

iBooks Authorを製品プロトコルに使うことについて追記

Monday, January 23rd, 2012

先日書いたブログ「iBooks Authorをバイオのメーカーはどう活用できるか」について、製品プロトコルの部分を補足します。箇条書きで簡潔に。

  1. 製品を買ってくれた研究者は、ほぼ全員が製品プロトコルを読みます。製品を紹介する魅力的なウェブサイトをいくら作っても、プロトコルの方が読まれます。プロトコルは決定的に重要です。
  2. 紙媒体のプロトコルははっきり言ってわかりにくいです。特に操作のイメージをつかむのに苦労します。書き方が悪いのではありません。紙媒体の限界です。マルチメディアで解決できる課題です。ちなみに簡単な操作の流れ図みたいなものをつけているメーカーもありますが、ああいうのは全体のイメージをつかむのに役立ちます。でもマルチメディアを使えばもっとうまく伝わります。
  3. いままではプロトコルは紙媒体もしくはPDF。マルチメディア的なものはウェブサイトからダウンロードというのが常識でした。でも面倒だし、気づかない研究者もたくさんいます。そんなことより、マルチメディア的なものもすべてプロトコルに入れてしまうのが良いに決まっています。

考えれば考えるほど、やらない理由がないように思います。

唯一の障害は日本のアップルがiBookstoreを動かせていないこと。でもだからこそ、最初にやれば目立ちます。
(iBookstoreの問題を迂回するやり方はいくつかありそうです)

iBooks Authorをバイオのメーカーはどう活用できるか

Saturday, January 21st, 2012

NewImage2012年1月18日にApple社はiBooks Authorというアプリケーションの無償配布を開始しました。

このアプリの詳細はアップル社のウェブサイトで確認できます。一言で言うと「マルチメディアを駆使したiPad用の電子書籍が簡単に作れるワードプロセッサ」です。

例えばPromega社が作っている“Promega App”、Life Technologies社が作っている“Life Technologies Protocols App”, “3D Cell Simulation and Stain Tool”といったアプリが簡単に作れるようになります。

今まではマルチメディアを駆使したインタラクティブなiPadアプリを作ろうと思うと、アプリの開発をソフトハウスに委託しなければなりませんでした。しかしiBooks Authorを使えばほとんどのことがワープロ感覚でできるようになります。外部に委託することなく、社内で作れるようになります。

製品プロトコルをiBooks Authorで作る

例えばインタラクティブな製品のプロトコルが簡単に作れるようになります。解像度の高いカラー写真を掲載したり、操作方法のビデオを掲載できるようになります。操作の各ステップをわかりやすく示した図表も掲載できます。

紙のプロトコルの場合でもメーカーによってわかりやすさに大きな違いがありましたが、製品を選択する際の大きな差別化ポイントになることはありませんでした。しかしiBooks Authorで作ったプロトコルなら差別化ポイントになり得るぐらいの大きなインパクトが与えられます。

しかも具体的な仕組みの詳細はまだわかりませんが、プロトコルのアップデートの面倒はすべてApple社が見てくれる可能性が高いです。つまりプロトコルのバージョンを更新すると、全ユーザのプロトコルがほぼ自動的にアップデートされます。プロトコルに誤植が見つかったり、あるいは製品の改良によってプロトコルが変更になっても、それを確実に研究者に伝えることができます。

例えば細胞にDNAを導入するトランスフェクション試薬であれば、実績が重要になります。過去にどのような細胞で成功し、その際の条件がどうであったか、トランスフェクション効率がどうであったかなどです。現状ではこのような情報はウェブサイトで紹介していました。しかしiBooksのアップデート機能を使えば、新しい細胞で成功したという報告があるたびにプロトコルをアップデートし、そしてApple社のサーバ経由で研究者に伝えることができます。

iBooks Authorのおかげで、製品プロトコルが強力なマーケティングツールになる可能性がでてきました。

季刊誌をiBooksで配布する

多くのメーカーは季刊誌を発行しています。例えばRoche Diagnostics社であればBiochemicaニュース、ClontechであればClontechniquesがあります。今まではこれを印刷して、代理店を介して配布するか、直接郵送するかなどをしていました。そしてそのためのコストは毎号200-300万円します(原稿翻訳など抜きで)。

iBooksで作ったものであれば高解像度の写真が掲載できますし、遙かに魅力的な季刊誌を簡単に作ることができます。配布方法はメルマガにiBookstoreへのリンクをつけるなどにすればコストは激減します。その分のコストを魅力的なコンテンツ作成に充てれば、すばらしい季刊誌ができてくるのではないでしょうか。将来的にはNewstandアプリと連携できるようになる可能性もあり、こっちで配布できるようになる場もっとスマートな配信が可能になります。

まとめ

ライフサイエンス研究用製品のメーカーは研究者にとって有用なコンテンツを非常にたくさん持っています。しかし非常に多くは印刷用に作られたPDFであり、それをウェブサイトからPDFでダウンロードできるようにしている程度のことしかされてしませんでした。研究用ツールというのは当然ニッチな市場ですので、多額のコストをかけて魅力的なマルチメディアのコンテンツをたくさん作るということはあり得ませんでした。

しかしiBooks Authorはマルチメディアの制作コストと配布コストを劇的に下げてくれます。マーケティング担当者が自らレイアウトすることだって十分可能です。

その一方でこれだけ魅力的なマルチメディアコンテンツが大きなマーケティング効果を発揮しないはずはありません。

チャンスです。

メーカーならすぐにでもコンテンツ作りを試すべきだと思います。

追記

iBookstoreの日本でのサポートについては以下のサイトをご覧ください。現状ではサポートされていないようですが、近いうちにサポートされることを期待します。サポートされていなくても配布できる方法はあると思いますが、やっぱりiBookstoreで配布できるのが便利。

いつも思うけど、日本のアップルって、サポート業務以外はあんまりちゃんとできていないよね。仕事しているのかな?

iBookstoreから「aのかたち」リリース
iBookstoreでの出版顛末記

Multi Channel Funnel機能でネット広告の貢献度を調べる

Monday, October 17th, 2011

2011年8月24日にGoogle AnalyticsはMulti-Channel Funnelsという新機能を追加しました。

Multi-Channel Funnelsを一言で説明すると
「ゴールを入れた(広告・紹介)だけでなく、アシストしてくれた選手(広告・紹介)も評価する仕組み」です。

例としてバイオの買物.comの「まとめて抗体検索」のものを紹介します(2011年9月データ)。

以下のレポートを見ると、利用者がバイオの買物comの「まとめて抗体検索」にどうやってきたか、どうやって再訪問したか、そしてどうやって最後に抗体を見つけてメーカーサイトに移動するまでに至ったかを知ることができます。

Antibody multichannel

例えば6行目を見ると、この36人は最初はGoogleの通常検索(無料)で入ってきたけど、そのときはそれほど興味を持たなかったようです。後日Google検索を介して再訪問し、抗体を検索し、そしてメーカーサイトに移動したと思われます。

また8行目、11行目、17行目を見ると、Googleの有料広告(Adwords)で入ってきたけどすぐには興味を持たなかった人が、後日になって再度「まとめて抗体検索」を探すとき、再訪問してくるときにもAdwordsを介していることがわかります。16行目のように、再訪問のときはGoogleの通常検索(無料)で入ってくれるか、17行目のように再訪問のときは直接URLを入力してくれる人は少数派であることがわかります。

このように様々な広告活動がどのように関連し合っているかが見られると、いままでと全く違う展望が得られます。

以下ではバイオの買物comで解析したこと、考えたことを解説していきます。 (more…)

バイオの買物comメルマガの効果測定の仕方

Friday, September 30th, 2011

Mail先日、バイオの買物comにユーザ登録していただいた方を対象にメルマガを配信いたしました。

今回はその効果を様々なツールを使って測定する方法について紹介いたします。

先に概略を示します;

  1. タイトル「世界最高の抗体検索システムと紹介ビデオ(1分)」
  2. 送付先はバイオの買物com「まとめてカタログ」にユーザ登録した利用者
  3. 開封率: 29.2%
  4. クリックスルー率: 10.5%
  5. クリックスルーしてくれた顧客の質:それなりによい

このユーザリストに対して初めて配信したメルマガでしたので、レスポンスが良かったのは当然だったかもしれません(通常は最初はレスポンスが良くても、徐々に下がっていきます)。しかしそれを差し引いてもまぁまぁなレスポンスが得られたのではないかと思っています。なお米国の例ですが、業界ごとのレスポンスの統計がこちらにあります。

それはそれとして、Google Analyticsと組み合わせた分析をすることによって、質の高い訪問者がどれだけいたかなどを分析したいと思います。 (more…)

研究者からのアクセスが多いのか、それともメーカーや代理店からのアクセスが多いのか

Thursday, September 8th, 2011

最近メーカーや代理店に訪問してバイオの買物.comの話をすると、研究用製品の末端顧客である研究者からのアクセスが多いのか、それともメーカーもしくは代理店からのアクセスが多いのかという話題になることがあります。

バイオの買物.comは研究用製品を簡単に探したり比較したりするためのウェブサイトであり、研究者が利用することを念頭にデザインしています。その一方で、競合分析をしたいメーカーや、顧客からの依頼を受けた代理店(「こんな製品が欲しいんだけど、探しておいてくれる?」)が利用することも考えられます。

そのどっちが多いのか、気になるところです。

ウェブサイトのログを解析すれば、大学(ac.jpドメイン)と企業(co.jpドメイン)からのアクセスがわかるので、簡単にわかるのではないかと思う方が多いかもしれません。しかし実際には細かい問題が多く、Google Analyticsなどのログ解析システムでは必ずアクセス数は過小評価されます。大学や企業からのアクセスを実際よりも少ない結果が得られ、その他のところからのアクセスが過大評価されます。

詳細な推定方法および計算は別のブログ記事に書こうと思いますが、この問題を解決する方策として大学ユーザと企業ユーザのPC環境の特徴に着目しました。具体的には大学ユーザはMacの利用者が多い点、および企業ユーザはブラウザとしてInternet Explorer 6 (2001年公開のバージョン。最新バージョンはInternet Explorer 9)を未だに多く使っている点を指標にしました。

その結果を以下に示します。

  1. バイオの買物.comにアクセスする訪問者を a) アカデミック、b) 企業、c) その他 に分けました。
  2. 「アカデミック」とはac.jpドメイン(大学)からの訪問者に代表されるように、仕事で使用するパソコンを自由に選択でき、歴史的に図表作成やプレゼンテーションに強みがあるMacintoshの使用率が40-50%と高いユーザ層(日本の平均Mac使用率は5%)。大学や公立研究機関が中心と考えられます。
  3. 「企業」はco.jpドメイン(企業)からの訪問者に代表されるように、仕事で使用するパソコンは会社から支給され、アプリケーションのインストールやアップグレードにはITの許可が必要とされることが多いユーザ層です。昔開発したイントラネットとの互換性を考えて、40-50%が未だに10年前のInternet Explorer 6を使わされています(日本の平均IE6使用率は3%)。製薬企業で研究開発をしているユーザもこの中に含まれます。
  4. 「まとめてカタログ」(catalog.castle104.com)は、70%のユーザが「アカデミック」、19%のユーザが「企業」でした。(Google Analyticsで単純にac.jp, co.jpの数字を見ると、それぞれ41%, 11%)
  5. 「まとめて抗体検索」(antibody.castle104.com)は、74%のユーザが「アカデミック」、19%のユーザが「企業」でした。(Google Analyticsで単純にac.jp, co.jpの数字を見ると、それぞれ44%, 7%)
  6. 「ニュース・セミナー・キャンペーン」(news.castle104.com)は、44%のユーザが「アカデミック」、31%のユーザが「企業」でした。(Google Analyticsで単純にac.jp, co.jpの数字を見ると、それぞれ26%, 15%)

以上の結果からわかりますように、Google Analyticsで単純にac.jpやco.jpの数字を見ただけだと、アカデミックユーザや企業ユーザの数を大幅に過小評価してしまいます。要注意です。

またバイオの買物.comの各サービスは、メーカーや代理店にも利用されていますが、それ以上に末端顧客である研究者に多く利用されていることがはっきりわかります。ただし「ニュース・セミナー・キャンペーン」については「企業」の利用者が多くなっていて、競合分析などに活用されている可能性があります。

少なくともバイオの買物.comに関して言えば、「メーカーや代理店にばかり利用されているのでは?」というのは当てはまらないようです。むしろ当初の狙いどおり、研究者に利用してもらっているといえます。

バイオ試薬メーカーが作るチラシの数

Sunday, February 6th, 2011

先週の金曜日、私のTwitterタイムラインに以下のTweetが入ってきました。

Nk tweet s

もっともな意見です。私がメーカーに勤務していた頃も、代理店に送っているチラシやパンフレットの多くが余ってしまい、代理店事務所で山積みにされ、そして捨てられているのは知っていました。

メーカーも予算は厳しいので、必要以上に多くのチラシを作りたくはありません。一つのチラシを作って配布するだけで数十万円はかかりますから(デザイン抜きで)。それでも過剰に印刷して代理店に送付しているにはちゃんと訳があります。

(more…)

Life Technologies Social Hub

Wednesday, December 1st, 2010

Life Technologies社が“Life Technologies Social Hub”というものを開設したという案内が昨日(11月30日)にFacebookにアップされていました。

Life Technologiesが書き込みをしているソーシャルメディアを統合したサイトのようです。
ここから

  1. News & Views Blog
  2. You Tube
  3. TwitPic
  4. Facebook
  5. Twitter
  6. Internet Radio Channel
  7. 特定の研究領域に特化したコミュニティーサイト

にアクセスできます。

開設したばかりですので内容はともかく、それなりの資金と人数を投入してこれだけのことをやってしまうというのはさすがだなと思います。それもBioRadのPCR Songのようなゲリラ的なバイラルなやり方ではなく、研究者とともに研究について対話しようという姿勢はそれ自身で高く評価されるべきだと思います。

ここまでは一気に出来ないにしても、せめて各社、Facebookのファンページは充実させたらいいのではないかと思います。日本の研究者も海外の友人とのやり取りのためにそれなりの数がFacebookに実名登録している印象もありますし。

スクリーンショット(2010-12-01 10.05.45).png

いよいよキャンペーンの季節になってきました

Tuesday, November 30th, 2010

毎年恒例ですが、いよいよ各社がキャンペーンをじゃんじゃんやる季節になりました。

バイオの買物.comが収集しているキャンペーン情報によると、現在実施中のキャンペーンは154個。収集できていないもの(あるいは一部G社のように、敢えて収集していないもの)もあるので、業界全体では恐らく200以上のキャンペーンが実施されているのではないでしょうか。
スクリーンショット(2010-11-30 16.55.08).png