Posts Tagged ‘Twitter’

ニュース、セミナー、キャンペーンのページに誰でも無料で投稿できるようになりました

Friday, September 2nd, 2011

Twitter and newsTwitter経由で、誰もがバイオの買物.comのニュースセミナーキャンペーンに投稿できるようにしましたので案内いたします。もちろん無料です。

やり方は簡単です。

セミナーであれば ” #biok_seminar “のハッシュタグ、キャンペーンであれば ” #biok_campaign “のハッシュタグ、それ以外の場合は ” #biok_news “のハッシュタグをつけてTwitterで投稿してください。

それだけです。

セミナー、キャンペーン、ニュースの例をそれぞれ示します(MacのTwitterアプリを使っていますが、どの方法で投稿しても同じです)。

Seminar tweetCampaign tweet
News tweet

結果はすぐには反映されませんが、Castle104のシステムがニュースのアップデートをするとき(現在は早朝)にTwitterの投稿も一緒に読み込まれ、まずはニュースのページに反映されます。なお早朝にだけニュースをアップデートする理由は、同日中に作った記事ならリバイズしても大丈夫にするためです。

そして次に手作業でセミナーキャンペーンに振り分けられます。この振り分けは週2回行います。

注意点は以下の通りです

  1. Twitter以外にも、バイオの買物.comでは多数のソースから情報を入手しています(ニュースなどの情報源webページ)。既に我々が取り込んでいる情報とだぶる場合がありますので、投稿する前にこのリストをご確認ください。
  2. セミナーには開催日を、キャンペーンには開始日と終了日を含めてTweetしていただけると作業がしやすいのでお願いいたします。
  3. ニュースを詳しく紹介したサイトへのリンクをつけてください。バイオの買物.comでクリックした場合はTwitterのステータスページ()に飛びます。そこから先の誘導のためにリンクは必要です。
  4. ちゃんとバイオの買物.comがTweetを拾ってくれるかどうかがご心配な方は、以下のページで確認してください: #biok_seminar, #biok_campaign, #biok_news
  5. 他のニュースとだぶっていると判断した場合は、予告無くその記事を削除することがあります。予めご了承ください。異論がある場合は@naofumiにご連絡ください。

メーカーの方も、代理店の方も、もちろん研究者や研究事務の方も、どなたでも簡単に投稿できますのでぜひご活用ください。

バイオの買物の更新情報をTwitterに集約しました

Monday, July 25th, 2011

バイオの買物.comの更新情報は、いままであまりちゃんとアップデートしていませんでした。Twitterに書いたり、Facebookに書いたり、あるいはwww.castle104.comに書いたり。それもさぼりがちでした。

いろいろ悩んだ結果、Twitterに集約することにしました。Twitter: BioKaimonoよりご覧下さい。

Twitterに集約した際に考えたことを簡単に以下にまとめました。

  1. Twitterに書いた情報はいろいろなところに貼付けることができます。したがってTwitterに一回書き込めば、あちこちに自動的に転記されるので、更新する手間が省けます。
  2. Twitterで書いた内容を貼付ける一番便利な方法は、Twitter Widgetを使うことです。これを使うとプログラミングもHTMLを記述すること無く、好きなウェブページの好きなところにTwitterの内容を表示させることができます。
  3. Facebookにも同じようなWidget (Like Box)はありますが、デザインの自由度がありません。Facebookの紺色以外は使えないのです。バイオの買物.comはモノトーンを主体にポイントで色を入れるデザインにしていますが、そうするとFacebookの紺色は目立ちすぎます。
  4. Facebookは確かに話題になっていますが、企業がBtoBで使うにはハードルがあります。このことはこのブログでも紹介しています。Twitterの方がBtoBに向いていると強く感じています。
  5. Facebookの情報はクローズドです。ですからFacebookの情報を他のサイトで利用するのは簡単ではありません。”Like Box”は使えますが、例えばRSSフィードはありません。またプログラムを書いてFacebookページから情報をとるのは、Facebookの仕組み上面倒です。その点Twitterはオープンなので、将来的に自分の書いた内容を他の方法で活用するときに安心です。
  6. Twitterのデスクトップアプリは軽いので(Mac版)、更新が気軽です。

以上が私の判断理由です。

必ずしもTwitterがベストとは言えませんが、各バイオメーカーも導入を検討してみたら良いのではないかと思います。

2010年振り返りと2011年目標

Tuesday, January 4th, 2011

バイオの買物.comおよびライフサイエンス研究用製品業界全体のインターネット活用について振り返り、バイオの買物.comの2011年の目標について紹介します。
なお、ふりかえりうさぎの画像はSAYAKAさんのブログからとりました。

参考に2009年の振り返りも一年前に書きました。

NewImage.jpg

まとめてカタログ

バイオの買物.comの2010年で一番大きかったのは、なんと言ってもまとめてカタログを公開できたことです。2009年の振り返りでも書きましたが、これが真のバイオの買物.comの形です。

公開してみて感じたことは以下の通りです;
(more…)

ソーシャルメディア(TwitterやFacebookなど)を使う上での注意点

Friday, December 17th, 2010

NewImage.jpgここ数日、ある代理店とあるメーカーのTwitter公式アカウントで不正確なツイートがありました。私がその点を指摘したところ、ツイートはいずれも削除されましたので、詳細は省きます。ただこれらの「問題ツイート」がどうしてマズイのか、そしてこれをやらないようにするためには何を注意すれば良いのか、自分なりの考えをまとめたいと思います。

どうしてマズイか

  1. ソーシャルメディアは特に制限をかけない限り、公式ウェブページと同じで完全にオープンです(TwitterやFacebookのファンページ等)。
  2. 特にTwitterは140字数制限がありますので、注意をしないと誤解されやすいです。
  3. ソーシャルメディアは誤情報が拡散しやすいです。情報が伝搬しやすいようにそもそもデザインされているからです(これをバイラルとも言います)。バイラルな情報伝達は2次、3次情報の伝達ですので、元々の発言者の意図とは関係なく拡散していきます。
  4. 結果として、誤った情報を広げてしまうと収拾をつけるとの難しくなります。バイラルな性格により、公式ウェブページでの誤発表以上に事態の収拾が難しくなる可能性があります。

どうやって注意するか

情報の正確性を期するのは当然のこととして、特に意識したいのは以下の点です。
(more…)

Life Technologies Social Hub

Wednesday, December 1st, 2010

Life Technologies社が“Life Technologies Social Hub”というものを開設したという案内が昨日(11月30日)にFacebookにアップされていました。

Life Technologiesが書き込みをしているソーシャルメディアを統合したサイトのようです。
ここから

  1. News & Views Blog
  2. You Tube
  3. TwitPic
  4. Facebook
  5. Twitter
  6. Internet Radio Channel
  7. 特定の研究領域に特化したコミュニティーサイト

にアクセスできます。

開設したばかりですので内容はともかく、それなりの資金と人数を投入してこれだけのことをやってしまうというのはさすがだなと思います。それもBioRadのPCR Songのようなゲリラ的なバイラルなやり方ではなく、研究者とともに研究について対話しようという姿勢はそれ自身で高く評価されるべきだと思います。

ここまでは一気に出来ないにしても、せめて各社、Facebookのファンページは充実させたらいいのではないかと思います。日本の研究者も海外の友人とのやり取りのためにそれなりの数がFacebookに実名登録している印象もありますし。

スクリーンショット(2010-12-01 10.05.45).png